So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

さて、アメリカへ [天体写真撮影行]

IMG_1650.jpg

  さて、蝶以外にもトンボも結構撮っていたので、整理しようとしてたのですが、タイム
  リミットになってしまいました。
  日曜の晩から、夜な夜な現地の最新情報をと、ネット・サーフを試したのですが、は
  っきり言って観光スポットじゃないので、サーフ出来るほどの情報の波が全く見当た
  らず仕舞いでした。
  っと言うことで、これから行き当たりばったりで、皆既日食を見にアメリカに行ってき
  ます。
   
  今日の夕方便で超便利な羽田から噂のユナイテッドでサン・フランシスコ経由、ボイ
  ジーに向かいます。そこから40kmほど北西に向かったオンタリオでステイ。
  そのホテルの駐車場からも約一分半の皆既日食が見れるのですが、更に20km程
  北上したワイザーに行って、付近の公園で見ようかと企んでました。そこに行けば
  2分を超える皆既を味わうことが出来ます。

  しかし、町全体で土曜日からフェスを実施するらしく、何と狙ってた場所は、有料の
  キャンプ地に早変わりしてて、しかも予約制で既にフルの状態。
  一方、運営組織からのコメントは、日食当日は大渋滞が見込まれるので前日までに
  入場しろだとか...
  11ヶ月前の段階で、町のホテルは既にソルドアウトになってたので、かなりの人が
  その町に集まるのは確かなようです。

  どうやら、フリーハイウェイも大分混雑しそうなので、下手に動かない方がいいのか
  もしれません。ただ、周囲がほぼ砂漠的な田舎町で渋滞すること自体、想像いがた
  いのですがね。
  今朝、ウェブで天気予報を確認してみると、その日に限って晴れ時々曇りのままで、
  その前後は快晴!。二週間ほど前から全く変わってません...
  丁度、山に囲まれた盆地のような場所で晴天率は何と80%。しかし、衛星画像だと
  どうも、雲が出てる感じ。そこでレンタカーのお出ましなんですが...
  いずれにしても、行ってみてからのお楽しみです。

  なお、日食後はボイジーを脱出してラスベガス(LAS)へ。でも、カジノが目的ではなく、
  現地ツアーに参加してグランド・サークル観光です。その後、バンクーバー(YVR)経
  由、羽田に戻る予定です。
nice!(0)  コメント(0) 

ピカチュウだらけ [生活]

DSC_0003.jpg

  年甲斐もなく、暇つぶしにポケモンGOパークに行ってみました。
  でも、老若男女の人、人、人の波で大混雑。外国人も多かったかな。
  その分、サーバーの動きが危うく、ネットワーク・エラーが続出。下手にシャットダウン
  させてしまうと、今度はサーバーにアクセスできなくなって起動ができず、ただ指を咥
  えるばかり...

DSC_0012.jpg

DSC_0013.jpg

DSC_0007.jpg

  そして、子供の声で、
  「やっぱ東京ってスゲー! 気持ち悪いほど一杯いる!」
  なんとなく分かります、ハイ。せいぜい頑張って沢山ゲットして下さい!
  って言う自分は、それなりにゲットできたので、結構楽しめました。

DSC_0005.jpg
右舷後方には黄色いは水陸両用バスが。大きさが比較できます。

  日が照って暑いので、ボチボチ帰ろうかなと桟橋側を歩いてたら、Costa Victoria が
  入港。実はその客船の後ろ側に、本日早朝入港した Ocean Dream が着岸してます。
  気になってスケジュールを確認してみると、予想外に客船の入出港が頻繁なことが分
  かりました。これはちょっと驚きです。まあ、自分は乗ることはないでしょうけど。

  帰宅後は、来週末の旅行にむけて準備を少々して、この三連休は終了です。
nice!(1)  コメント(2) 

ジャノメチョウ亜科 [自然]

  朝まで雨が残ってました。太陽がギラギラ輝いたら輝いたで、高原に涼みに行こう
  と思ってたのですが止めておきます。
  気付くと、自宅付近にはアキアカネが乱舞してるけど、未だ赤く染まってはいませ
  ん。それって、秋が近づいて来てるっつうことだよなぁ...

  さて、続きを。
  この蝶の存在は、小学校低学年ぐらいから知ってました。
  ただ、いつも薄暗いところにいてあまりいい印象をもってません。また、翅の色も地
  味でして...
  当時はやっぱりアゲハ、トンボ、セミにクワガタだったかな。とは言え、クワガタなん
  か真っ黒ですがね。
  ところで、改めて蝶の里公園で見ていたら、意外に仲間が多いことに気付きました。

DSC_8452.jpg
ヒメウラナミジャノメ

DSC_8847.jpg
コジャノメ

DSC_8824.jpg
ヒメジャノメ

DSC_9271.jpg
クロヒカゲ

DSC_8906.jpg
ヒカゲチョウ

DSC_9243.jpg
サトキマダラヒカゲ

DSC_8839.jpg
クロコノマチョウ

  後はジャノメチョウぐらいだろうか。
  しかし、この子たちは直ぐに藪の中に入ったり、暗い所に行こうとするんですよね。
  折からの曇天でSS上がらず、撮影は結構難しいと思いました。
  今回も D7200 に Sigma 150-600mm でテレマクロで撮ってます。


nice!(0)  コメント(0) 

ジャコウアゲハ [自然]

  蝶の里公園です。
  この子も超久々に目にしました。
  そういえば、昨日のホソオチョウの幼虫が食べる草がバッティングしてるようで、
  ホソオチョウが見れてる場所のジャコウアゲハの個体数が減少しているだとか。
  弱肉強食の自然界とはいえ、もうちょっと穏便にならないもんですかね。
  日本列島上空を四発つのミサイルグアムに向かって飛ぶというニュースもあ
  るけど、それもマジでね。

DSC_8863.jpg

DSC_8880.jpg

DSC_8890.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

ホソオチョウ [自然]

  明日から三連休なのですが天気がねぇ...
  ただ、ちょっとばかし涼しくなっかかな。
  取り敢えず、溜まっている画像から。

  蝶の里公園に行った際、こんな子に出会いました。
  見た記憶が全くない!っと思って調べると、外来種で1970年以降、朝鮮半島から対馬
  経由で勢力を伸ばしてきたのでは、とのことです。納得。
  ただ、見てて分かったのは、アゲハよりも大分小柄で飛翔能力も低いのは間違いない
  と思います。っと言うことはやはり人為的に広まったのですかね。
  いずれにしても、在来種頑張れよ~!

DSC_8768.jpg

DSC_8899.jpg

DSC_9151.jpg
以上、♂

DSC_8776.jpg
こちらは♀

nice!(1)  コメント(0) 

ホットな日はホットに! [生活]

DSC_0003.JPG

  久々に目に染みる青空が広がりました。
  しかし、クレイジーな暑さが。でも、まだ湿気が少なかった分良かったのではと。
  そんなこんなで、昼食もホットになりました。  
  もともと食べに行こうと日取りを決めてただけですがね。
  アフリカ料理店のサファリに行って、Doro wato を頂きました。
  でも、店長さん忙しそうだったので、意味を聞くタイミングを逃してしまって...
  玉ねぎの水分だけで作ったスパイシーなカレーで、玉ねぎの甘さが結構前面に
  出るものの、後からじんわりと辛さが伝わってくるけど、後を引かないという、何
  とも不思議なカレーでした。具はチキンだけどグッド。
  そのうち、夜に行ってみたいと思います。
  

nice!(2)  コメント(0) 

ゴマダラチョウ [自然]

  早朝のビオトープです。
  朝露でシッポリしててズボンの裾が濡れる中での出会いでした。
  翅に赤い紋がないので、見た目には控えめに見えます。
  ただ、あったらあったで、去年はミカドアゲハと見間違えてたりで、まだまだ
  修業が足りません。この子も口吻が綺麗な黄色でした。
  但し、子供のころに見た記憶が残ってません。

  何も野鳥を含めて博士になるつもりはないのですが、ただ新たな出会いは
  年を重ねていても嬉しいものです。

DSC_8970.jpg

DSC_8971.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

キタテハ [自然]

  キタテハです。
  家のそばでも目にします。
  緑の葉に止まってくれる分には区別がつくのですが、樹木や落ち葉に止まると
  途端に見分けが付き難くくなります。
  タテハ類は樹液にもよく集まってて、かぶとやくわがたと一緒にいたりしてます。
  翅がず~と閉じているのかと思うと、時折、翅を広げたりするので、そこでやっと
  表面の模様が観察できます。

DSC_8426.jpg

DSC_8547.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

ウラギンシジミ [自然]

  やっぱり、あち”~いですね。
  午前中、三時間程ぶらついてリベンジしたのですが、今回も汗ビッチョになって
  も会えませんでした。見てる方がいるので、いるにはいるようです。

  今回はこの子です。杉林の中を何かが飛んでて、フラッシュのように白いがチラ
  チラ目立つのですが...動きが早くて正体が分かりませんでした。
  その後、ヒラヒラと素早く飛んできて、目の前に止まってくれて、やっと正体が。
  
  子供の時に見た記憶がないので初見です、きっと。
  翅の裏側が白銀色に輝くことが和名の由来だとかで、確かに真っ白で綺麗でし
  た。表側も、茶とオレンジを組み合わせたもので綺麗です。
  一度止まるとじっとしてて、そのまま翅をつまめそうでした。

DSC_8162.jpg

DSC_8179.jpg

DSC_8198.jpg

DSC_8655.jpg

   
  
nice!(1)  コメント(0) 

ミカドトックリバチ [自然]

  鳥撮りが落ち着いてからは、カメラを持ってビオトープをブラブラしてます。
  ただ、相変わらずギンヤンマは撮らせてくれず悶々とする中、独特な形を
  したハチが。確か、トックリバチ...
  それから、視点を変えると巣が見つかりました。この巣を見たのは実に小
  学校以来?
  懐かしいと言うか嬉しいと言うか...いずれにしても、芸術的です。
 
DSC_8570.jpg

DSC_8591.jpg

DSC_8635.jpg

DSC_9017.jpg

DSC_9065.jpg

DSC_9079.jpg

  それにしても、54を首からぶら下げてても平気だけど、150-600mm Sports
  はちょっと辛くなってきた。ゆっくり歩いて写真撮ってるだけなのに、汗ビッチョ。
  でも、この直進ズームから離れることができません。

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -